ワインのおすすめ(安い価格帯)ドイッチャー・クオリテーツヴァイン・トロリンガー・ミット・レンベルガー・トロッケン

ブログランキングに参加しています、もしよかったらポチしてください。

参考になったり、気に入っていただけたらこちらで応援お願いいたします

にほんブログ村
ワインブログの一覧はこちら

こんにちは。

ちょっと涼しい日があったと思ったらまた暑くなり、外に遊びに出るのも大変ですね。

そんな中ですが、朝晩は大分涼しくなってきたので赤ワイン飲むのも楽しくなってきました。

まあ、いつもの事ですが、奥さんの飲みたい泡と赤のしのぎあいがいつもの如く起きるんですけどね(笑)

で、大体のパターンが、「泡が2日続いたら赤になる」法則があり、今回も同じパターンで開けたのがこちらでした。







ドイッチャー・クオリテーツヴァイン・トロリンガー・ミット・レンベルガー・トロッケン 2020



20220913.jpeg

こちらは輸入代理店がコストコホールセールになってますからコストコで購入した一本ですね。

ドイツワインを買う時は一応気を付けているのが、“トロッケン表示があるかどうか”

あまり甘口を飲まない私たち夫婦なので(糖質制限しているからと言うのもありますが)、辛口表示のトロッケンと書いてあるかはドイツワインを買う際にどうしても見てしまいます。

まあその後ろにベーレン・アウスレーゼって入ってたらまた別問題ですが。

セパージュは表示の通りトロリンガーとレンベルガー、比率はちょっと分かりません。

明るく輝きのある澄んだ感じのチェリーレッド、粘度は僅かにあるかな?程度なのですが、表示を見るとドイツワインにしてはアルコール度はしっかりしてます(13%)

香りの強さは十分〜僅かに大人しめといった感じで、ストロベリーメインのラズベリー、チェリーと言ったピノ・ノワールに良くありがちな果実系の香り、スミレのようなニュアンスとほのかにローリエやオレガノ、鉛筆の芯のような鉄分とはちみつのような甘やかな香りがしてきます。

飲んでみるとアタックはやっぱり柔らかめ、トロッケンとは言え、はちみつを感じたように少しまろやかに果実の甘やかさがあり、感覚的にはやや辛口といった感じ。

フレッシュで爽やかな少し抑え感のある酸味、スムーズで丸く感じる大人しめのタンニンが赤ワインらしくない爽やかなイメージを作っています。

アルコール感はちゃんと感じるんだけど、13%にしては軽く感じるんですよね。

少し骨格のしっかりさのような硬さを感じるのは開けたばかりだからかもしれませんが、スマートでしなやかなのに骨格がしっかり感じられ、アフターはちょっと短いものの、ドイツらしい酸の強さをあまり感じない面白いワインでしたね。



関連記事

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考になったり、気に入っていただけたらこちらで応援お願いいたします



にほんブログ村
ワインブログの一覧はこちら




スポンサーリンク

※このブログはまだワインを事業としていない私個人の雑感を含んでおります。
ですのでプロの方とは違うイメージになることもありますがご了承ください。
何かご意見等ございましたら以下までお願いします。

運営者 los

この記事へのコメント

土日祝も配送可能!毎日15時までのご注文は当日出荷
ワイン通販の「ワインソムリエ」