東北ワイナリー巡り 涼海の丘ワイナリー編

ブログランキングに参加しています、もしよかったらポチしてください。

参考になったり、気に入っていただけたらこちらで応援お願いいたします

にほんブログ村
ワインブログの一覧はこちら

こんにちは。
先週から結婚30周年記念旅行として夫婦で東北北部(岩手・秋田・青森)を旅行してきました。
とても楽しい旅行でしたし、その中で少々ワイナリーも巡りました。
大小のワイナリー、トータル9軒を巡らせてもらい、そのワイナリーの特徴など色んな事を勉強させて貰いました。

今回の旅行で訪問したワイナリーは以下の通りです(訪問順)。


2 涼海の丘ワイナリー(岩手県野田村)

3 神田葡萄園(岩手県陸前高田市)

4 アールペイザンワイナリー(岩手県花巻市)

5 エーデルワインシャトー大迫(岩手県花巻市)

6 亀ヶ森醸造所(岩手県花巻市)

7 ワイナリーこのはな(秋田県鹿角市)

8 小坂七滝ワイナリー(秋田県小坂町)

9 サンマモルワイナリー第二工場(青森県大鰐町)

というわけで今回は2番目の「涼海の丘ワイナリー」さん編です







「涼海の丘ワイナリー」は村長肝いりの3セク新興ワイナリー



久慈市に出て少し太平洋沿岸を南下し、野田村に入って直ぐの小高い丘に「涼海の丘ワイナリー」はあります。
202111101-13.jpeg
試飲スペースのテラスからは海も見えて良い感じです

ご挨拶をさせて頂き、先ずは醸造所へ案内して頂きました。
202111101-1.jpeg

奥に四角い長方体のステンレスタンクが並び、こちらで発酵をしているとの事。
こちらは前記事のくずまきワインさんとは違い、マセラシオン・ア・フォア(低温発酵)でしっかりした酸味、エレガントな果実味を表現する方に向けて醸造しているそうです。
まだ量がないので高温発酵設備が使えないとの事もおっしゃっていたような気がしますが。
背の低いステンレスタンクにしたのは、建屋の高さも影響している様ですが、やはりピジャージュのやり易さを意識した高さなのかな?とも思いました。
202111101-2.jpeg

「涼海の丘ワイナリー」さんは基本的に現在は使用品種は山ぶどうのみ。
セニエ方式で作ったロゼ、通常の赤(ステンレスタンク熟成と樽熟成の2種類)があります。
山ぶどうで、となったのは元々この地域で自生している山ぶどうを使ってきちんと管理してワインを作ろう!と言う村長の考えから派生したワイナリーだからの様です。
この辺りは北海道の池田町にある、十勝ワインのアムレンシスのような考え方ですね。
ワイナリーを作るための予算を確保するのが大変だったらしいですが、国からの助成金を使えて体制を整えたそうです。
202111101-3.jpeg

こちらのステンレスタンクで熟成させます。
大きさ、形的には他のワイナリーでステンレス熟成させるのと同じ様な感じです。
こちらの醸造所は発酵熱が上がったとしても地理上温度は大丈夫そう、逆に低温過ぎになることを危惧してか、下から炬燵を敷いて温めるような形を取る様にしているそう。
この辺りは寒さ厳しい地方の特徴でしょうか。
そして樽熟成のものに関しては、直ぐそばにある炭坑跡の洞窟を利用して熟成させているそうで、そちらも見せていただきました。
202111101-4.jpeg

こちらの洞窟は観光地にもなっているそうで、本当の意味で地下アイドル(笑)もいるそう。
202111101-5.jpeg

こんなのね(笑)
そう、洞窟内にいるマネキンがユニットを組んでいるそうで、人気投票もあるのだとか(笑)
その洞窟内、結構奥に行った所にカーヴはありますが、ここまで樽を持ってくるの大変だろうな、と思ってしまうほど奥です。
※やっぱりここまで運ぶのは大変だそうです。
202111101-6.jpeg

中は一年中ほぼ一定の温度と湿度で光さえ当てなければワインにとっては理想の熟成環境になりそう。
202111101-7.jpeg202111101-8.jpeg

そして樽だけではなく、セラーの無い顧客が購入しても大丈夫なように、お客様用の保管セラーの場所も確保しているそう。
○ラダ倉庫とかよりかなりお安かったですね。
202111101-10.jpeg

ただこちらはここで購入したワインのみ利用可能だそうです、ま、当たり前ですね。
洞窟から出てきたら試飲です。
まだラインナップもそれほど多くないので期せずして縦試飲もさせて貰いました。
202111101-12.jpeg

作っているワインも今はまだ3種類なので縦横の試飲となりましたね。

中でも一番びっくりしたというか面白かったのは、ロゼ。

ロゼの色ってわかりますかね?↑の3つのグラスにはロゼが無いように見えますが、実は真ん中のワインがロゼなんですよ(笑)

元々色素の濃い山ぶどう、セニエ方式でロゼを作っても赤ワインと見間違うほどの濃さを持ったワインができてしまうらしいです。

そしてその色素の濃さ、酸味の強さがあるので樽熟成のモノは、意外と長熟しそうな雰囲気を持っていました。

元々このワイナリーの所長である坂下さんは、ソムリエ協会のシニアソムリエだったらしいのですが、「ソムリエならワイン詳しいべ?この村のブドウでワイン作ってけれ」と言う村長の命(?)によりワイン造りに携わることになったそうな。

なんとも強引な、そしてそれを受けてしまう面白いワイナリーの所長でもありました。

色々と面白い話も伺えましたし、何より今までの山ぶどう系のワインに対するイメージが変わったのは収穫だったかもしれません。

※色んなお話しは動画としてYouTubeにてアップする予定なので興味のある方はお楽しみに。

202111101-0.jpeg
ありがとうございました

訪問のお礼を言って次に進みます。

202111101-14.jpg今回ワイナリーで購入したワインたちです






関連記事


今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考になったり、気に入っていただけたらこちらで応援お願いいたします



にほんブログ村
ワインブログの一覧はこちら




スポンサーリンク

※このブログはまだワインを事業としていない私個人の雑感を含んでおります。
ですのでプロの方とは違うイメージになることもありますがご了承ください。
何かご意見等ございましたら以下までお願いします。

運営者 los

この記事へのコメント

土日祝も配送可能!毎日15時までのご注文は当日出荷
ワイン通販の「ワインソムリエ」