東北ワイナリー巡り「岩手くずまきワイン」編

ブログランキングに参加しています、もしよかったらポチしてください。

参考になったり、気に入っていただけたらこちらで応援お願いいたします

にほんブログ村
ワインブログの一覧はこちら

こんにちは。

先週結婚30周年記念(いわゆる真珠婚式)で北東北(岩手・秋田・青森)の3県を周遊旅行してきました。

とても楽しい旅行でしたし、その中で少々ワイナリーも巡りました。

規模の大きなワイナリーは1軒のみ。

中小規模が8軒と、計9軒のワイナリーを巡りました。

どんなワイナリーなのか、どんなワインを作っているのか?なかなかワイナリーに行く機会のないワイン好きな方も多いと思いますので写真を交えてご紹介できればと思います。

今回の旅行で訪問したワイナリーは以下の通りです(訪問順)。


1 岩手くずまきワイン(岩手県葛巻町)

2 涼海の丘ワイナリー(岩手県野田村)

3 神田葡萄園(岩手県陸前高田市)

4 アールペイザンワイナリー(岩手県花巻市)

5 エーデルワインシャトー大迫(岩手県花巻市)

6 亀ヶ森醸造所(岩手県花巻市)

7 ワイナリーこのはな(秋田県鹿角市)

8 小坂七滝ワイナリー(秋田県小坂町)

9 サンマモルワイナリー第二工場(青森県大鰐町)

というわけで今回は最初の「岩手くずまきワイン」さん編です







「岩手くずまきワイン」は3セクからきちんと発展したワイナリー



東北道を下りて久慈市方面に走っていくと海に出る前にこちらの大きな樽の目印が見つかります。(ただ、これは実はトイレなんですよね)

20211110-0.jpeg

導入路を入り、ワイナリーに到着です。

20211110-1.jpeg

シャトーみたいな趣です。

ではショップの方から入っていきます。

中に入るとこんな看板でお出迎えです(笑)

20211110-10.JPG

可愛いです、何となく手作り感があって微笑ましい。

ショップの中では賞を取ったワインの紹介なども行っており、どれがオススメなのかのタイプ別に出しているのでわかりやすいです。

20211110-9.JPG

ワインの好みはバラバラですし、辛口の好きな人もいれば甘口が好きな人もいる、そう言う面ではかなり色んな人の好みに合わせられるよう色んなタイプのワインを作っているようです。

今回はこのワイナリーの営業部長である、鳩岡さんにご案内いただきました。

20211110-2.jpeg
こちらが鳩岡さんです

先ずは丁度ブドウを破砕して除梗を行っていると言う事でそちらの作業を見せて頂きました。

沢山のブドウが収穫され運ばれているようで、コンテナが山のように積まれていました。

20211110-11.jpeg

こちらは山葡萄ですね、岩手県はかなり多くのワイナリーで山葡萄(ヴィティス・コワニティ)やその交配種などで多くのワインを作っています。

私もつい最近まで山葡萄のワインはとても酸が強くて果実味の薄いもの、という固定観念がありましたが、それでもそれをメインに持ってくるには何か考えがあるのでは?と思って訪問してみたと言う事です。

こちらのワイナリーでは、この日山葡萄の仕込みを行っていたところですが、方法としてはブドウを70℃ほどに加熱して行う、“マセラシオン・ア・ショー”のような技法で仕込んでいるそうです。

20211110-12.jpeg

これを行う事で果皮や種からタンニンの抽出がしっかりとでき、かつ色がしっかりと出ることが容易いらしい。

なので茎からタンニンを取る必要もなく、茎は全摘出で仕込むそうです。

山葡萄自体はミルランダージュに見えるほど果実と果実に空間が大きく出来ているので、茎を抜くと結構少なく見えてしまいますがまあその辺は良いとして、“マセラシオン・ア・ショー”の仕込みを見たのは初めてです。

かなり湯気が出ていて、話に聞くとこちらでは70℃ほどの温度に加熱するそうです。

その仕込を見学した後、醗酵蔵へ行ってワイナリーや使用品種の説明をして頂きました。

20211110-3.jpeg

くずまきワインの歩みなど、元々は3セクでの開業だったようですが、しっかりと地域に根差してワインを作り続けているそうです。

20211110-4.jpeg

山葡萄や小公子、ワイングランドなどが赤の主だった品種のようですが、ベリーAやキャンベルアーリーなんかも作っていて、白だと岩手で良く見るリースリングリオンにナイアガラ、セイベルなんかもあってなかなか面白いラインナップです。

下の写真に見るように発酵タンクはかなり年季が入っていて会社自体は更新したいと考えているようなのですが、なかなか更新する予算がないそうです。

これはこれで味があっていいと思いますけどね。

20211110-5.jpeg

その後は樽熟成庫の方でご説明頂きます。

見ると少量ですが、ピュピトーレがあって、瓶内二次発酵を行っているワインがあります。

特に泡好きな奥さんは興味津々、聞いてみると新しい試み、山葡萄の瓶内二次発酵によるスパークリングワイン造りのようです、2022年春頃に発売する予定らしいのでちょっと買ってみたいな、と思ってしまいました。
20211110-6.jpeg

泡は500本ほどしかないのですが、山葡萄スパークリングが認知されていない今は購入するのは容易いような気がします。

ただ、この先山葡萄が見直されていくと分かりませんけどね。

20211110-7.jpeg

場内の説明が終わった後はテイスティングです。

辛口好みの夫婦と言う事でそれに沿ったワインをテイスティングさせていただきました。

面白かったのはリースリングリオンとセイベルの方向性の違い。

これは完全に好みがどっちかに分かれそうなキャラクターをしていて、品種に合わせた方向でワイン造りをしているな、と思えました。

私たち夫婦には少し大人しめの果実味と強い酸味が売りのリースリングリオンよりはセイベルの方が好みでした。

ノーマルのリースリングは好きなんですけどね。

20211110-8.jpeg

私が気に入ったのはこちらの山葡萄のクラシック。



マセラシオン・ア・ショーでの仕込だからか、タンニンがしっかりしていて酸味は山ぶどうとしては少し控えめ、でも山ぶどうの野性味ある果実味はしっかりと残っていたスタイルで基本的に二酸化硫黄(酸化防止剤)無添加ってあまり良いイメージが無い(国産ワインだと安くて美味しくないワインに多いから)のですが、試飲してみてイメージを変えられた一本でした。
ただ酸化防止剤無添加(まあ醸造中に微量の二酸化硫黄は生成されるんですけどね)なのであまり長い時をおかずに2~3か月セラーで落ち着かせたら飲んでみたいと思います。

色々と面白い話も伺えましたし、何より今までの山ぶどう系のワインに対するイメージが変わったのは収穫だったかもしれません。

※色んなお話しは動画としてYouTubeにてアップする予定なので興味のある方はお楽しみに。

訪問のお礼を言って次に進みます。







関連記事


今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考になったり、気に入っていただけたらこちらで応援お願いいたします



にほんブログ村
ワインブログの一覧はこちら




スポンサーリンク

※このブログはまだワインを事業としていない私個人の雑感を含んでおります。
ですのでプロの方とは違うイメージになることもありますがご了承ください。
何かご意見等ございましたら以下までお願いします。

運営者 los

この記事へのコメント

土日祝も配送可能!毎日15時までのご注文は当日出荷
ワイン通販の「ワインソムリエ」