ワインのおすすめ(中価格帯)シャトー・フォンバデ

ブログランキングに参加しています、もしよかったらポチしてください。

参考になったり、気に入っていただけたらこちらで応援お願いいたします

にほんブログ村
ワインブログの一覧はこちら

こんにちは。

気が付けば大晦日になってしまいました(^^;

今年もお付き合いいただきました皆様には心より感謝申し上げます。
先週はクリスマスイヴ、今日はクリスマスと今の日本にも大きなイベントになっている日が続きましたね。

皆さんはこの「ステイホーム」と声高に叫ばれている古今、どのように過ごされましたでしょうか?

今年はうちの場合も同様ですが、「家飲み」みたいな人たちも多かったんじゃないでしょうか?

そう、私のところは今年何年振り?って言うくらい久しぶりに夫婦2人のクリスマスイヴになりました。

元々は息子が合流する予定の今日、クリスマスだけ祝うつもりでしたが、結局は夫婦2人でイヴもやろうという事になって、ローストチキンを肴にしてこちらを開けてみました。






シャトー・フォンバデ 2011



20201231.jpg

シャトー フォンバデ [ 2012 ] (赤ワイン)

新品価格
¥5,319から
(2020/12/31 19:16時点)


元々これも前回のバロン・ド・ロートシルトと一緒にクリスマスに開けようと買っておいたやつなんですよね(笑)

実は以前にも同じワインを開けていて、値段よりも美味しかった(まあそれよりも前のヴィンテージも飲んでいるのでこのワインが美味しいのはよくわかってますけどね)

以前にも買いたように、このフォンバデ、ブドウ畑がムートン・ロートシルトのお隣。

しかも垣根も何もなく、ただ地続きで敷地境界は一本杭を打っているだけでまるっきり同じ畑と言っても過言ではないでしょう。
(ただブドウの育て方や醸造の仕方などで差が出るでしょうけど)

にしてもこのフォンバデだってエリゼ宮でオンリストしているほどの名のあるワインであることに違いはありません。

輝きのある、黒の良く入った濃いめのガーネット、エッジにはほんのりうっすらとオレンジがかっているのが見えます。

涙の落ち方からも粘度は高く、果実の凝縮がしっかりあるのがみて取れます。

香りの強さは少々穏やかなイメージがあり、少し落ち着いた感も感じられます。
(一晩経った後は開いのか、かなり華やかさを醸し出してはいましたが)

セパージュはカベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー20%、カベルネ・フラン15%、プティ・ヴェルド又はマルベック5%のアッサンブラージュ。

カシス、ブルーベリー、ダークチェリー、ブラックベリー、プラムといった黒系果実主体、すみれ、ほのかにバラ、アーモンド、シナモン、クローヴ、バニラ、オーク、生肉、腐葉土など丁寧に作られたボルドーの典型のような香り。

もっとこう言うワインが増えると良いのにな、と思いながら美味しく飲んでしまいました。

さて今年もここにお越しいただいた皆様には大変感謝しております、ありがとうございました。

お互い2021年もワインを楽しみましょう!

皆様の良いお年を迎えられること心よりお祈り申し上げます。






関連記事


今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考になったり、気に入っていただけたらこちらで応援お願いいたします
にほんブログ村
ワインブログの一覧はこちら





スポンサーリンク

画像をクリックすると商品ページに移動します

※このブログはまだワインを事業としていない私個人の雑感を含んでおります。
ですのでプロの方とは違うイメージになることもありますがご了承ください。
何かご意見等ございましたら以下までお願いします。
運営者 los

この記事へのコメント

土日祝も配送可能!毎日15時までのご注文は当日出荷
ワイン通販の「ワインソムリエ」