続マンガ「マリアージュ〜神の雫 最終章〜」に物申す!

ブログランキングに参加しています、もしよかったらポチしてください。

参考になったり、気に入っていただけたらこちらで応援お願いいたします

にほんブログ村
ワインブログの一覧はこちら

こんにちは。

やっと後5話だかで完結を見る「神の雫」シリーズですが、こちらから見れば

「もう良いよ、早く終わって」

って感じです。

☆【漫画全巻セット】神の雫 <1~44巻完結> 全巻 セット 亜樹直【中古】

価格:35,989円
(2020/9/3 21:09時点)
感想(0件)


前作の「神の雫」はまだ良いとして、(あまり良くないんですけどね、良いのは10巻くらいまで?そこまではちゃんと作り込んでいたような気がします)次作の「マリアージュ」は行き当たりばったりのストーリー展開に、取り上げてもらいたいインポーターやレストランから接待受けてのヨイショ(?)記事。

ワイン関係だからと読んではいますが(買う気はしないので立ち読みです、すいません)、正直ワイン関係やアルコール関係のマンガなら『城アラキ』氏原作のマンガの方が深掘りされていて読み応えがあります。

今となっては完全にご自身のサロン(ワイン販売HP)などの影響を考えて営利目的マンガに成り下がっている気がします。

そんなマンガの何が許せないのか、と言うことを聞いて頂きたいと思います。

スポンサーリンク





『神の雫』って神咲豊多香の遺書に書いてないの?



先ずはこの話、「神咲豊多香の遺言に書かれている12使徒と『神の雫』が何かを記述から探し出して当てた方にワインの相続権を認める」と言う事じゃなかった?

なんで最後の最後に“神の雫騎士団のオフィシェ”達がどっちのワインが相応しいか投票になってるの?

原作者のキバヤシ姉弟(亜樹直)は今までもルール(設定)無視の姿勢で作話してきてたのでなんとも思わないのかもしれませんが、今まで読んで来てる読者を完全に置いてきぼりにしてますよね。

あれじゃまだ前作の12使徒編の方がちゃんと答え合わせしてましたね。

一体何がしたいのか?自身で作ったストーリー設定忘れちゃったの?と思ったんですが、違いますね。

前にも書いたように、「マツコの知らない世界」に出演した時、話のを決める時の模様が放送されましたが、ただ酔っ払いが妄想し合っている様な姿にしか見えませんでした。

だから「酔っ払って話作ってるんだからストーリー設定なんてすぐ忘れちゃうくらいのモノ」なんですよ、きっと(笑)

この今週の話の中ではトルショー氏に会って聞いたような風に書いてますが、とある筋から聞いたところ、会ってなさそうと言う事も分かりました。(この辺詳しく書くとソース元分かってしまい先方に迷惑がかかっても嫌なのでご興味のある方はリアルでお会いした時にでもお聞きください)

ま、じゃなければ引退してのんびり過ごしているトルショー氏に迷惑かけるかも?とか考えずに書ける訳ですよ。

大体、生まれてから死ぬまでのイメージって、第12の使徒のシャトー・イケムと同じじゃん。

この時点で手詰まり感満載っていう感じが見え隠れしてますね。

本来この話の展開なら次の話で正解の遺言発表して、勝負が決した後の話書いて、で後1〜2話で終わりじゃん。

まさかオフィシェが遠峰のワインに決した所で豊多香の遺言にはシュヴァル・ブランと書いてあったとか言うオチにはしないよね?

そうしたら神の雫騎士団にも意思疎通がまるでできてないと言うことにならんか?

色んなツテを辿ってトルショー氏のワインを探してたと言う話を耳にもしましたので、ひょっとしたらトルショー氏のワインを飲んでいない、又は飲んでも遠峰の選んだクロ・ド・ラ・ロッシュ 2002しか飲んだ事ないからこれにした。

みたいなのだったら凄い嫌。




本当に大丈夫か?神の雫



前述したワインと共に同じか、それ以上に思い入れのあるトルショー氏のワインってソルベじゃないの?

クロ・ソルベは人手に渡っても、同じ1erのラ・ソルベは引退後も細々自家消費用として作っていたのだし。

まあ、自宅のすぐ裏にある畑だから手入れしやすいと言うのもあったかもしれませんが。

そんな最後(最期?)を迎えた神の雫、マンガの中でこれだけストーリー展開がおかしくなったモノをどうやって元に戻すのか?また、前作から続く伏線回収はなされるのか?(する訳ないって?私もそう思いますが)

その辺りだけが興味ある点ですかね。

神の雫がなんだろうと、どうでも良いし、ドラマの時の神の雫がシャトー・ル・ピュイでそれがあっという間に売れて在庫が無くなったと言う様な影響力ももう無いと思うので(あ、人気が無くなっただけじゃなく、だからこの辺で止めることになったのかも?)そこに興味はありません。

亜樹さん、最終話くらいちゃんと作話して欲しいな。

スポンサーリンク




関連記事


今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
参考になったり、気に入っていただけたらこちらで応援お願いいたします

にほんブログ村
ワインブログの一覧はこちら




スポンサーリンク

※このブログはまだワインを事業としていない私個人の雑感を含んでおります。
ですのでプロの方とは違うイメージになることもありますがご了承ください。

何かご意見等ございましたら以下までお願いします。
運営者 los

関連する記事

人気記事