ワインのおすすめ(安い価格帯)バロン・ド・ロートベルグ・ブリュット

ブログランキングに参加しています、もしよかったらポチしてください。

参考になったり、気に入っていただけたらこちらで応援お願いいたします

にほんブログ村
ワインブログの一覧はこちら

こんにちは。

私の居住地域は、とりあえず25日までは緊急事態宣言の解除はならないようで、ホント困っちゃいます。

これでコロナの封じ込めが全国的に成功すればいいのですが、一体いつになったら安心して外で飲めるようになりますかね?

中華人民共和国よ、マジでもうバイオテロ止めてくれ、この後世界中から賠償責任でフルボッコにされても知らないよ。

そんな今どき、みなさんも家飲みが多いと思いますが、うちも例のごとく家飲みばっかりです。

前回申し上げたように、未飲のワインを探していて飲むようにしているのですが、なかなかデイリーでの未飲のモノって近所で買っていると少なくなってきました。

そんな中、ちょっと面白そうなのがあってこちらを開けてみました。





バロン・ド・ロートベルグ・ブリュット


20200522.jpg

ボルドーのグラーヴ地区南部のソーテルヌやバルザックに程近いランディラ(AOCグラーヴの生産地区)の生産者組合、レ・カーヴ・ランディラで造られる泡。

そこは、ボルドー5大シャトー「シャトー・オー・ブリオン」のぺサック・レオニャンから南20kmの場所にあります。

バロン・ド・ロートベルグ ブリュット 750ml※12本まで1個口で発送可能※お届けするワインのヴィンテージが画像と異なる場合がございます。※ヴィンテージについては、ご注文前にお問い合わせ下さい。

価格:1,210円
(2020/5/22 14:07時点)
感想(0件)



ボルドー地区で造られる泡ですが、クレマン・ド・ボルドーではなく、シャルマ方式で造られるヴァン・ムスーです。
輝きのある明るいレモンイエロー、粘度は低くサラッとしている。
泡はシャルマ方式にしては細かめなものの、出方は少し軽めでハツラツという印象ではなくどちらかというと柔らかく出ていると言った印象。
香りの強さはしっかりと十分にあり、オレンジ、リンゴ、マスカット、黄桃、洋ナシ、アカシア、イーストと言ったどちらかというと暖かな南のイメージの沸く少し甘やかな感じの香りがします。
飲んでみるとアタックは少し柔らかめ、ブリュットなのでドライなテイストながらまろやかな果実の甘みを良く感じます。
キリッとしているけど、ちょっと青さの残るやや強めの酸味、ほんのちょっとだけ残るえぐみが逆にアクセントとなっていて面白さがあります。
ミネラル感はあまり感じることは無く、アルコール感は軽めで気が付くとスイスイと飲んでしまいます。
泡の刺激も柔らかめでのど越しなども心地いい感じがしますし、クレマンじゃなくとも意外と良い感じかも?
アフターは短めですが、ドライでハツラツとした感じを受けるワインですね。
見た目より楽しめたのでこれはこれでOKですね。
値段も買いやすいので、是非お試しになってみてください。
スポンサーリンク




関連記事


今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考になったり、気に入っていただけたらこちらで応援お願いいたします

にほんブログ村
ワインブログの一覧はこちら





スポンサーリンク

画像をクリックすると商品ページに移動します

※このブログはまだワインを事業としていない私個人の雑感を含んでおります。
ですのでプロの方とは違うイメージになることもありますがご了承ください。
何かご意見等ございましたら以下までお願いします。
運営者 los

この記事へのコメント

土日祝も配送可能!毎日15時までのご注文は当日出荷
ワイン通販の「ワインソムリエ」