ワインのおすすめ(安い価格帯)シャトー・ベルリエール・モンターニュ・サン・テミリオン

ブログランキングに参加しています、もしよかったらポチしてください。

参考になったり、気に入っていただけたらこちらで応援お願いいたします

にほんブログ村
ワインブログの一覧はこちら

こんにちは。

今日夕方全国で発令されていた「緊急事態宣言」も34県で解除となりました。

ただ、解除されたと行っても急に元に戻るわけでもなく、今後は各々がきちんと節度を持って警戒して罹患しないようにしてください。

と言う事のようです、まあ当たり前ですね急にウィルスが全くいなくなったわけではないのですから。

しかしゆっくりと、少しずつではありますが、元の生活が戻って来るのは嬉しいですね。

やっぱりオンライン飲み会とかでは特にワインとかは共有できないのでちょっと寂しいなと思いますしね。

安心して飲めるようになったらワインの持ち寄り会とかやりたいと思う今日この頃でした。




シャトー・ベルリエール・モンターニュ・サン・テミリオン 2005



最近ヴィンテージ新しめのワインが多かったので、ちょっとは熟成感が味わえるものが飲みたいと言う事で面白そうなのをちょっと前に買っておいたのでそれを開けてみることにしました。

20200514.jpg

とりあえず2005では澱も結構あるかな?と思ってデキャンタージュはしました。

しかし思ったほど澱は多くなかったですね、もう少し手前(もっと残して)で止めざるを得ないかな?と思っていたのですが、30~40㏄位で済んでしまいました。

モンターニュ・サン・テミリオンとしてセパージュはやはりメルロー主体で、メルロー60%、カベルネ・ソーヴィニヨン30%、カベルネ・フラン10%と左岸とはMeとCSが逆になっているような比率。

鮮やかな色彩の輝きのあるやや黒の入ったガーネット、エッジにはややオレンジがかかっている。

涙の落ち方からは粘度はそこそこある感じで、15年経ったこのレベル(価格帯)のワインにしてはもう少しいけそうな雰囲気。

香りは、プラムメインのブルーベリー、カシス、ブラックベリー、プルーンと言った黒い果実系、スミレ、バラ、生肉、わずかにピーマン、チョコ、クローヴ、シナモン、腐葉土など。

飲んでみると、アタックは未だしっかりとしており、強め。

ドライなテイストの中にまろやかな果実の甘み、中程度の強さで落ち着いた適度なパワーを持つ酸味と未だやや強めで荒々しさを感じるのだがそれでも15年の内に少し一体感を醸し出してきてはいるタンニンが面白いバランスを作り出しています。

アルコール感はしっかりと十分に感じられるが飲み疲れはしないので気が付けばボトルが空になるというような飲みやすさもあります。

15年経ったとは思えない、力強く肉厚な感のあるワインでしたね。

これで1000~1500円くらいだったので、熟成感のあるワインが好きな方にはとても気軽に飲めていいのではないでしょうか?

美味しく楽しくいただきました。


スポンサーリンク




関連記事


今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考になったり、気に入っていただけたらこちらで応援お願いいたします

にほんブログ村
ワインブログの一覧はこちら





スポンサーリンク

画像をクリックすると商品ページに移動します

※このブログはまだワインを事業としていない私個人の雑感を含んでおります。
ですのでプロの方とは違うイメージになることもありますがご了承ください。
何かご意見等ございましたら以下までお願いします。
運営者 los

この記事へのコメント

土日祝も配送可能!毎日15時までのご注文は当日出荷
ワイン通販の「ワインソムリエ」